アサルトと違いサプレッサーを付けても他のアタッチメントを変えなくて良いのでサプレッサーがあったら優先的に付けましょう。, SKSのアタッチメントはコンペンセイター、軽量グリップ、拡張マガジン、スコープ、チークパッドがお勧め。 ■SCAR-LとM416はアサルトの中でよく使われていて強い銃です。 他のアサルトライフルと比べるとリコイルはどうなの? 2. PUBGに登場する全43種類の武器を、種別にまとめて簡単な基本性能と特徴を紹介しています。, 装着できるアタッチメントなどは詳しく紹介していませんが、画像からどの部位にアタッチメントが装着できるかはわかると思いますので、アタッチメントを入手するときの参考にしてください。, 救援物資からのみ入手することが可能で、ヘッドショットさえ成功すればレベル3ヘルメットを装着しているプレイヤーでも1発で葬り去ることができる武器。, 使用する弾丸も『.300ウィンチェスターマグナム弾』という特殊なもので、こちらも救援物資からしか入手することができない。, そのため終盤に倒したプレイヤーがAWMを保有していても、残弾数が残り少ないなど強力な武器であるがゆえのデメリットもある。, 2018/05/31のライブサーバーアップデートより、フィールドドロップに変更されたスナイパーライフル。, AWMのように専用の弾があるわけではなく、Kar98kやAKMと同じ『7.62mm弾薬』を使用するので弾切れになることは基本的にない。, Kar98kの上位互換でスナイパーライフルの中でも2番目に高い殺傷能力を持っているが、レベル3ヘルメットを装備したプレイヤーはヘッドショットしても1発で倒すことができないので注意が必要。, フィールドドロップする最強のスナイパーライフルであり、救援物資時代と比べれば威力は低下したものの十分に強力な武器の1つ。, Kar98kを所持していても交換対象になるレベルなので、みかけたら積極的に使っていきたい。, Kar98kはフィールドにドロップしているスナイパーライフルの中で、2番目に高性能な武器。, フィールドドロップするスナイパーライフルでは、最強だった時代もあるが、現在はスナイパーライフルのドロップ率が高い地域へ降下すれば比較的容易に入手できる。, M24と同じくレベル3ヘルメットを装備下プレイヤーはヘッドショット1発で倒すことはできないが、レベル2ヘルメットなら問題なく倒せるうえ、よほど遠距離でない限りはスコープで狙った場所に着弾してくれる。, そのため初心者でも簡単にヘッドショットが決められるので、入手したら積極的に使っていきたい武器の1つ。, 倍率スコープどころか、レッドサイトやホログラフィックサイトも装着することができない、スナイパーライフル界の面汚し。, 元々が狩猟用ライフルなので仕方ないと言えば仕方ないが、使い勝手が悪い上にレベル2ヘルメットすら1発で殺すことができないので好んで使う人は少ない。, メリットをあげるとすれば、比較的弾丸が真っ直ぐ飛ぶのでスコープやサイトなどのアタッチメントを持っていなくとも、プレイヤーを目視できる範囲であれば十分に狙撃できること。, とはいえリロードが遅く連射性もないうえ、ヘッドショットを決めるのも極めて困難なのでわざわざWin94を使う必要はない。, 下記のSKSの上位互換にあたる武器であり、伏せている状態であればバイポッド(二本脚の支持装置)が展開されるため反動が恐ろしいほど軽減される。, 威力そのものはWin94とそれほど変わらないが、連射性や装着できるアタッチメントに差がありすぎるため、総合的な殺傷能力で見れば悟空(Mk14)とヤムチャ(win94)ほどの差があると思っていい。, 装弾数が10発しかないにもかかわらず、オートモードがあるので大容量マガジンがあると嬉しい。, SKSはフィールドドロップするDMRで、 Erangel(エランゲル)のScsnovka Milltary BaseやMiramar(ミラマー)の倉庫で見かけることが多い。, とはいえドロップ率が高いわけではなく、SRやDMRのドロップ率が高い地域以外ではほとんど見かけないので、使いたいのであれば降下地点を選ぶか所有者を殺して奪い取るしかない。, 対象がヘルメットを装着している時点でヘッドショットを決めても2発あてないと死んでくれず、防弾チョッキを装着している相手には最低3発当てる必要がある。, とはいえアタッチメントをつけられる数が非常に多く、フルカスタムしていれば体に3発当てるぐらいは難しくないので、Kar98k以上のSRを所持していないなら十分に実用可能な武器。, Mk14と同じく装弾数が10しかないため、こちらも大容量マガジンで装弾数を増やして使いたい。, mini14はフィールドドロップするDMRで、DMR界のWin94と言っても過言ではない。, とはいえWin94のように好んで使う人が少ないわけではなく、SKSよりも速い弾速・リコイル制御が容易・DMRとしては連射速度が速いなどの理由で、熟練者が使用すると極悪な武器に様変わりする。, ただし連射速度が速いと入っても、ARやSMGのようなオート機能はないので、手動で連射する必要があることに注意が必要。, VSSは最初から4倍スコープとサイレンサーが標準装備された、拾った時点でアタッチメントが装着済みの珍しい武器。, 50メートル程度距離が離れているだけで銃声が聞こえないので、静音性という点ではどの武器よりも優れている。, ただしマークスマンライフルとしての性能はお世辞にも高いとは言えず、SLRやSKSを所持している状態であれば、わざわざVSSを使用するメリットは少ない。, とはいえ一時的に実装されていた天候システムが再度実装された場合、雨のフィールドでは極悪な性能をもったSRに様変わりするので今後の環境次第では使われることが増える可能性もある。, SLRは2018/4/26(木)のテストサーバーアップデート後にテストサーバで実装された武器。, マークスマンライフルとしては破格の性能を誇っており、反動が大きいことなどを除けばSKSの上位互換ともいえる性能を持つ。, 救援物資であるMk14と同じく、レベル1ヘルメットであればヘッドショット1発でキルできる殺傷力を持っているので、ライブサーバーに実装されたときはレベル2ヘルメットを常備したい。, Sanhok(サンホック)でmini14の代わりにドロップするマークスマンライフルで、バイポッド展開時の反動の少なさが異常の一言につきる。, また弾速990m/sとPUBGに登場する武器の中でも最上位にあたり、マークスマンライフルにしては連射速度もかなり早い部類にはいるため、ダメージの低さが気にならないぐらいキルを稼ぐことができる。, mini14の代わりということで5.56mm弾を使用しているが、mini14よりも基礎ダメージが高く拡張マガジンをつけていれば連射もそれなりにできるので、ARの代わりに持ち歩くことも。, 殺傷能力だけ見ればAKMと同程度だが、連射性や反動の少なさから近中距離での火力があがっている。, 他のアサルトライフルを所持している場合でも、Grozaを入手できるなら思考停止して乗り換えてもいいレベルで性能が隔絶している。, 初心者にも扱いやすく是非とも使ってもらいたい武器なのだが、いかんせん救援物資の中にしか入っていないので使用できる機会は極めて少ない。, アサルトライフルの中でも性能は高いほうだが、M416フルカスタムとそこまで性能差があるわけではないので、救援物資に入っていたりキルしたプレイヤーが所持しているからといってムリに使用する必要はない。, 比較的見つけやすい部類に入るフィールドロップ武器でありながら、ARの中で最強クラスの殺傷能力を持つのがこのAKMである。, 救援物資のGroza並の火力をほこるだけではなく、遠近ともに高い殺傷能力をもっているので、リコイル制御がしっかりと出来るならAKMだけでドン勝を食えるぐらい高性能。, ただ反動が大きすぎてオートモードで連射すると、初心者は狙った場所に着弾させることすらできなくなるレベルで扱いづらい。, また連射性もそこまで高いわけではないので、しっかり制御できないと近距離ではサブマシンガンにあっさりやられてしまうことも珍しくない。, AKMと同じ7.62mm弾を使用するアサルトライフルで、単発の威力はAKMと比べて劣るものの、連射性能や制御のしやすさから、DPS(秒間火力)はAKMを上回る。, Grozaの下位互換とも言える武器で、装着できるアタッチメントも豊富なことからM416やSCAR-Lを所持していても、交換対象に入るぐらい強力な武器。, また射撃モードも単発と連射以外に三点バーストが設けられており、好みによって使い分けができるのも嬉しいところ。, 横ブレが少ないので、しっかりと制御できればフィールドドロップするアサルトライフルの中では最強を名乗るのにふさわしい性能を持っている。, オートモードが存在せず、単発とバーストモードしかないので、オート射撃でしか相手を殺せないというプレイヤーには向いていない武器であるが、手動であっても他のアサルトライフルに負けないレベルの連射が可能。, グリップ系のアタッチメントを装着できない代わりに、アタッチメントなしの状態だとアサルトライフルの中では一番優秀。, そのためスコープやサイトを所持していれば、入手した瞬間から高火力のアサルトライフルとして活躍してくれる。 Sanhokに新しい車 … ツイート ; シェア; はてブ; line; pocket; 1 : 海外のpubgプレイヤーさん : id: beryl m762について様々な質問に答えていきます 1. YouTube チャンネル ・フラッシュハイダー・・・略名フラハイ マズルフラッシュ(発砲時の銃口の光)が低減と若干の反動低減  M16はフルオートで撃てなくて単発か3点バーストでしか撃てません。 UMP9は少しぐらい離れていても当るのとアタッチメントが付いてなくても普通に使える点が良いです。, 近距離向きはMicro UZI アップデートが入ってからベリルと言うアサルトが強くなり、プロから素人まで皆ベリルを使うようになりました。 アップデが入るまでのベリルは短距離の撃ち合い特化で中距離でフルオートで撃つとフルカスでもリコイルが難しくてあまり使われていませんでしたがアップデ後のベリルは中距離でフルオートで撃っても大してブレずに弾を当てる事が可能です。, ベリルの最適なアタッチメントは上の画像の通りでコンペンセイター、バーティカル、拡張マガジンがおすすめです。, SRとDMRの先っぽは基本的にサプレッサーが強いです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フルオートで撃て他の銃よりリコイルコントロールがしやすくアタッチメントの数が4つでいいから, どちらの武器でも当たらなければ同じなので、初心者の方は5mm武器の方が弾に困る事も少なく初心者向きのSCAR-Lも使えるので5mmをお勧めしたい, 単発で打つDMRに付けるのが効果的SKSなど。連射系のアサルトにつけるとマイナス効果. ・バーティカル・フォアグリップ・・・略名バーティカル 垂直方向の反動を大幅に減少し、ADSへの切り替え速度がやや上昇。アサルトにサプレッサー付ける時のグリップはこれ SCAR-Lのアタッチメントはコンペンセイター、アングルド・フォアグリップ、拡張マガジン、スコープです。 「武器まとめ」にもダメージは書いてあるが、もっとシンプルに部位別ダメージだけを知りたいという人向けに。色分けを施した分かりやすい武器別 & 命中部位ごとのダメージ一覧リストを作ってみました。 M416のアタッチメントはコンペンセイター、バーティカル・フォアグリップ、拡張マガジン、スコープです。 バーティカル・フォアグリップの場所はハーフグリップ(赤いやつ)、アングルド・フォアグリップでも良いです。好みの問題なので使いやすい方で。, 2020/07/追記 AKMはブレが凄いのでなるべくコンペンセイターを付けるべきです。後、アイアンサイトが見ずらい人が多いのでスコープは付けた方が良い。 【pubg】「beryl m762最強のグリップって何??」beryl m762のリコイルやグリップを比較検証! 2018/08/30. ■マズルアタッチメント(先っぽ) 2.1 アサルト編. 2.1.1 ベリル時代突入(2020/07更新) 2.2 srとdmr編. 人気記事 20個以上の無料漫画アプリを使ってきた私が選ぶおすすめベスト9. 2.2.1 スナイパーとdmrはどちらが … ・コンペンセイター・・・略名コンペン 垂直、水平方向の反動が低減, ■グリップ M762は7.62mm弾を使用するアサルトライフルで、射撃に関しては単発とフルオートを備えています。威力が非常に高く連射も早いですが、垂直反動がやや強いというのが特徴です。この記事ではM762(ベリル)の性能やおすすめのアタッチメントなどについて解説しています。 アングルド・フォアグリップの場所はハーフグリップ(赤いやつ)でも良いです。好みの問題なので使いやすい方で。, M416は一番人気のあるアサルトです。 アップデで一部のアサルトのリロードが遅くなったので拡張クイックドローマガジンは付けた方が良いです。 ※4倍以上のスコープはつけれません。, そのためカスタムによって性能が変わるM416やSCAR-Lよりも、アタッチメント無しで横ブレが少なく高火力の出せるM16A4を好んで使う人も少なくない。, カスタムしていない状態でも十分な殺傷能力をもっており、射撃時に左右のブレが少ないので垂直方向のブレに対応できれば、アタッチメントなしでもそこそこ使える。, 高倍率のスコープをつければSRの代わりにもなるが、ヘルメットを装着されているとヘッドショットでも1発ではキルできないので注意が必要。, とはいえM416と比べてそこまで殺傷能力が低いわけではないので、M416とSCAR-Lの両方を所持できるような状態なら、好きな方を選べばいい。, M416との違いはタクティカルストックが装着できないことと、射撃するさい左右にブレやすいこと。, Sanhok(サンホック)でSCAR-Lの代わりにドロップするのが、QBZ95アサルトライフル。, リコイル制御が非常にやりやすく、サブマシンガンのUMP9をそのまま強化したような使い勝手が非常に魅力の武器。, 民家漁りをしているだけで数丁拾えることも少なくないので、サンホックで戦うならしっかりと制御できるようにしておきたい。, フォアグリップとタクティカルストックを装着することで、近距離戦闘ではリコイルを気にしないでいいレベルの安定性を見せる。, ただし弾速が早いとは言えないので、100mを超えてくるような範囲での打ち合いには向いておらず、目の前に相手プレイヤーがいるような状態で使っていきたい。, VectorやMicro Uziに比べると有効射程距離や弾速に優れており、弾速に限って癒えばTommy GUNの1.5倍近い速度をもっている。, フォアグリップ系のアタッチメントを装着できることもあって、リコイル制御がしやすいのでサブマシンガンの中でも扱いやすい部類に入る。, サブマシンガンの中でも飛び抜けた連射性をもっているため、アサルトライフルを所持していない序盤であれば十分に活躍してくれるのがMicro Uzi。, 近距離戦だけみればアタッチメントなしでも問題なく使用できるので、初心者が近距離戦の練習に使うのには向いているといえる。, ただし1発1発の威力は低いので、しっかり相手に当てれないとたいした威力にはならない。, サブマシンガンとしても、アサルトライフルとしても微妙な存在なのがTommy Gun。, スコープやサイト系のアタッチメントを装着することができないので、アイアンサイトで狙い撃つ必要がある。また連射速度はアサルトライフルを変わらないが、弾速がサブマシンガンの中でも下位に位置するなど非常に使い勝手が悪い。, 他のアサルトライフルやサブマシンガンがないならまだしも、所持している状態でわざわざTommy Gunを選んで使う必要はない。, 射程範囲が伸びていることで相手の動きを牽制することができ、至近距離で放てば全弾命中でレベル3ベストを装備した相手すら1発でキルすることが可能。, デメリットは装弾数が非常に少ないことであり、続けて外すとリロードの間に距離を詰められ撃ち殺されることも少くない。, その反面、ダブルバレル式のショットガンのため2発連続で撃つことができるため、1発で殺せなくてもすぐに追撃できるというメリットもある。, S1897もS686同様に全弾命中させれば、レベル3ベストを装備している相手でも1発でキル出来る性能をもっている。, S686と比べれば射程範囲が短いため至近距離でしか活躍の場はないが、装弾数が5発と打ち損じても反撃できるチャンスが多めに設定されているのは嬉しいところ。, 小部屋などに立てこもり、侵入してきた相手に発泡すればほぼ確実にキルを取ることが出来る。, S12Kはスコープやサイト・マガジンにサプレッサーといったものが取り付けられる、連射式の珍しいショットガン。, 装着できるアタッチメントがアサルトライフルのものと同じなので、アサルトアイフル入手前+バッグを所持していない状態であればアタッチメント置き場にしてもいい。, 殺傷能力はショットガンの中でもっとも低く、レベル3ベストを装着しているプレイヤーは全弾命中させたとしてもキルすることができない。, ただし他のショットガンと違い連射することが可能なので、1発で倒せなくても2発3発と叩き込めば十分にキルを稼ぐことは出来る。, 装弾数100発から打ち出される連続射撃は爽快の一言に付きますが、軽機関銃の名前の通り本来人間が持って使用するような武器ではないため、オートで使用し続けるとリコイル制御は不可能に近いレベル。, とはいえM249自体が高火力な武器のため、オートモードで撃ち続けることはほぼないのでM416やSCAR-Lと同じような使い方をすれば、リコイル制御は比較的容易になる。, 伏せることでバイポッドが展開され縦ブレを気にせず撃てるようになるため、デュオやスクアッドで余裕があるなら使ってみても面白いかもしれない。, DP-28はフィールドドロップする軽機関銃で、軽とはいえ機関銃の名を関しているだけあり、装弾数は47発と非常に多い。, 反動が大きくリコイル制御が難しい(現在はバグでリコイル制御が用意な状態)反面、同じ7.62mm弾を使うAKMやGrozaよりもダメージ量が高いというメリットがある。, 移動速度にペナルティーがかかるので積極的に動き回るプレイをする人には向いていない武器だが、一箇所にとどまって相手を殺戮したいプレイヤーにとっては中々使える武器だったりする。, とはいえDP-28だけでは接近戦が弱すぎるので、使用するのであればサブマシンガンやアサルトライフルなどと合わせて所持しておきたい。, 装弾数が少ないので撃ち合いをするとすぐにリロードするハメになるが、ハンドガンとしては総合的な殺傷能力は高めなので、サプレッサーなどを装着して相手に位置がバレないよう立ち回りたい。, このP1911と下記で紹介しているP18C・P92はヘルメットを装着していない相手にヘッドショットを決めても、1発で殺すことができないので注意が必要。, P18Cはフルオート機能を備えたハンドガンで、サブマシンガンの代わりとして使用することができる。, ドロップ率も比較的高く入手するのも容易なので、拳銃縛りプレイなどで活躍する機会があるかもしれない。, 他に武器がないならとりあえず拾っておけば、相手への威嚇から牽制と非常に幅広い用途で扱うことができる。, ただし連射性が高いわけでも1発の威力が高いわけでもないので、これしか武器を持っていないときにサブマシンガンやアサルトライフルもちと勝ちあった場合はまず間違いなく殺されるだろう。, 7.92mm弾を使用しているため殺傷能力が高く、有効範囲もハンドガンにしては広いことからサプレッサーをつければ簡易のライフル銃として扱うことができる。, またヘルメットをつけていない相手に対しては、ヘッドショット1発でキルできるのも魅力の1つ。, リロード時間が長く扱いが難しいので、慣れていないならP1911やP92あたりを使っておくほうが無難。, R1895と同じくヘッドショットできれば、ヘルメットを装着していない相手であれば1発でキルすることが可能であり、体へ着弾させたときの威力もソードオフの全弾命中を除けば、ハンドガンの中でトップの性能。, 装弾数が2発しかないうえに射程が恐ろしく短いので、ソードオフをメイン武器にして戦うのはムリがある。, 装備枠がハンドガンの中で言えば1発の威力は最高クラスだが、わざわざソードオフを使うぐらいなら素直にショットガンを使ったほうがいい。, 武器とはいうが、フレアガン自体にダメージの設定はされておらず、複数のプレイヤーが同じ場所で同時に使用すると1つしか救援物資がやってこないなどの問題もある。, イベントによって運ばれてくるものは違うが、安全地帯の中であれば通常の救援物資と同じく武器やアタッチメント・ギリースーツなどが入っており、安全範囲外だと大型車両である防弾UAZなどが振ってくる。, リロード時間が一発につき約6秒と非常に長く、アタッチメントである矢筒を装備してようやく実用可能なレベルに。, ただ相手プレイヤーが防具をつけていない状態であれば、頭・体問わずに1発でキル出来るだけの殺傷能力をもっており、ヘッドショットに至ってはレベル3ヘルメットを装着した相手でも1パンで狩れるほどの極悪性能。, 重火器と違い発射時にほとんど音がならないのも特徴であり、使いこなせれば十分に強い武器だといえる。問題点は性能がピーキー過ぎて、初心者どころか上級者でもまともに使いこなせないことだろう。, ハンドガンやサブマシンガンなどの単発威力が低い銃だけではなく、ショットガンやスナイパーライフルといった高火力をもった銃撃すら防いでくれるチートな防具。, 近接武器で最強の攻撃力を誇っており、ジャンプしながら相手に襲いかかってヘッドショットを決めることができれば、レベル3ヘルメットを装着した相手以外なら1撃でキルすることが可能。, たとえフライパンしか装備がない状態でも、運次第ではサブマシンガンやショットガン・アサルトライフルを所持した相手とのタイマンで勝利することも可能。, 日本では『バールのようなもの』でお馴染みだが、PUBGではオブラートに包むこと無くバールと表記している。, 本来の用途はテコの原理を利用する鉄製の棒であり、間違っても人を殴るためにあるものではない。, 銃やフライパンを所持していないなら、素手よりはマシなのでもっていても構わないが、それ以外の理由で使用する機会はほとんどない。, ヘッドショットを決めれば、レベル1ヘルメットまでなら1発でキルを奪うことが出来る。, マチェーテは草などを薙ぎ払うような作業をするために作られた刃物で、農業や林業で幅広く活躍する。, 密林などへ派遣された兵士に支給される武器でもあり、殺傷能力はそれなりにあるはずなのだが PUBG ではバールや鎌と同じ程度の攻撃力しかもっていない。, 日本でも市販されているが銃刀法の兼ね合いで刃付けがされていないので、切れ味を求めるのであれば購入者が丹念に研ぎ上げる必要がある。, マチェーテと同じく草刈りなどを行うための道具であり、刺殺・斬殺・撲殺が出来る武器であるはずなのにバールと同じ程度の殺傷力しかない。, 鎖鎌のように投擲武器として用いることができたなら有用性もあがっただろうが、素手よりはマシという程度なのでわざわざ拾う必要はない。, 建物内に引きこもっている相手を引きずり出したり、殺すのに重宝するため容量に余裕があるなら必ず持っておきたい武器の1つ。, スモークグレネードそのものに攻撃力はないが、手榴弾に見せかけて使用すれば膠着状態を解除することができたり、煙に隠れて逃げることが可能になる。, スタングレネードは光と音で敵を錯乱させることのできる武器であるが、光はスタングレネードを正面から直視しなければ効果がないため、使い勝手は非常に悪い。, というかスタングレネードを使うぐらいなら手榴弾を投げたほうが手っ取り早いことが多く、デュオやスクアッドで気絶した仲間の近くに敵がいるときぐらいしか使いみちがない。, もちろん他の投擲武器と同じく自分や味方にも効果があるので、投げる場所は慎重に選びたい。, PUBGには数多くの武器が登場しますが、正直なところ使える武器と使えない武器の差が非常に激しいです。, またオススメ度の高い武器であっても、使用するプレイヤーにとっては使いづらいと感じることもあると思いますので、自分が得意だと思える武器を探して使いこなせるように練習するのが一番。, 戦況に応じて武器を使い分けできるようにするのもいいですが、何かに特化してしまうのも強くなるための手段ですので、楽しめるプレイ方法を模索してみましょう!, 関連記事

Maxとき 廃止 いつ 8, スクイーズ 作り方 100均 簡単 低反発 11, Teams 画面分割 9 5, Jquery Required 追加 5, スペーシア オイル交換 値段 7, 編み図 無料 バッグ 8, 法政大学 サークル やばい 35, 島根 高校野球 強豪 8, Vmware Windows10 ライセンス認証 回避 36, ポケモンgo 攻撃 防御 Hp 優先 18, Psp セーブデータ オンラインストレージ 10, Eos Kiss X9 ソフト撮影 5, ジャニヲタ ダビング 整理 6, ステップワゴン Rg ラジエーター 交換 14, ドラクエ10 プレゼントチケット 3月 5, 甲状腺摘出 手術 費用 20, ミヤbm 5 歳 4, イトーヨーカドー 上尾 閉店 4, 高知 美味しい スコーン 5, 関 典史 2ch 19, 世界史 Kindle おすすめ 6, 相棒 シーズン9 動画 4, トイレ 隙間 ダイソー 7, 浜名湖 エサよし 渡船 13, Shuffle Rhythm Bot 5,