いう説が考えられていますが、 天正二十年(1592年)の1月4日、家康の6男・ 松平忠輝 が誕生しました。 家康の息子なのに苗字が違うあたりでもうなんとなく見当がつくかもしれませんが、この人は父親に理不尽な嫌われ方をされ続けて … 豊臣秀吉の「死因」や「最後の様子」について、誰かに尋ねられても、ハッキリと答えられる方は、少ないかもしれません 実は筆者自身も、「豊臣秀吉」については知っていたものの、自分の手で調査してみるまで、「豊臣秀吉の死因・… 【 古典を愉しむ 】第5回:本当は脱糞していない!?三方ヶ原合戦の徳川家康. , 徳川将軍15人(徳川家康から慶喜)の歴史を学ぼう!徳川歴代将軍(徳川家康から秀忠、家光、家綱、綱吉、家宣、家継、吉宗、家重、家治、家斉、家慶、家定、家茂、慶喜まで)の功績や性格、ゆかりの地、お墓の場所、最後(死因)などについてご紹介しています。, 2019/6/25 【子だくさんには理由あり!】 徳川家康が側室選びでこだわった意外な着眼点 現在否定されつつある説なので、少し考えずらい説ですね。, 徳川家康の死因について諸説ありますが 徳川家康は、日本で250年も続いた 江戸幕府を開いた有名な戦国大名です。 そんな徳川家康は、 天ぷらの食べ過ぎによって亡くなったと いう説が考えられていますが、 実は違う死因の可能性も考えられています。 この記事では 徳川家康の死因について 徹底解説していきます。 当時にしてはかなり長生きな75歳まで 豊臣秀吉恩顧の武将、加藤清正は徳川時代になっても生き残った武将の1人でした。しかしその死はとても不可思議なもので、徳川家康よりも早く亡くなりました。その真相とは? 家康の次男結城秀康(ゆうきひでやす)は、幼名を於義丸(おぎまる)といい、徳川家康の次男として天正2年(1574年)に生まれました。家康の長男は信康、三男が後の将軍となった秀忠ですが、秀康を含めそれぞれが異母兄弟でした。 食べてから3か月後に亡くなったとしたら、 Copyright© 生きていた人がいたとしても 秀康は1574年(天正2年)、徳川家康と永見吉英の娘である長勝院の間に生まれ、幼名は於義丸(おぎまる)と言いました。 戦国時代に天下を統一し、江戸時代を押し開いた徳川家康。そんな偉業を成し遂げた家康ですが、その死因にはさまざまな説があることをご存じでしょうか。豊臣家などさまざまな大名を滅ぼしたことから、多くの人に命を狙われていたと考えられる家康だけに、その死因に関していろいろな考察がされるのは当然かもしれません。江戸幕府の初代将軍であり、東照大権現という神号まで持ち、日光東照宮にまつられている家康の死因は何だったのでしょうか。今回は、その死因として考えられている3つの説についてご紹介します。, 徳川家康の死因として語られる最も有名な説は、揚げ物(天ぷら)を食べ過ぎたことといわれています。家康の死因といえばこの説が広く唱えられており、家康が天ぷらで亡くなったと耳にする方も多いのではないでしょうか。しかし、この説は信ぴょう性が低いといわれています。家康の天ぷら死亡説について見ていきましょう。, この時代、素材を油で揚げた天ぷらは高級料理でした。家康は平均寿命の短かった当時において70歳を超えるまで生きた長寿の人でしたが、高齢になっても油ものを好んだことでも知られています。戦いの中で起居してきたこともあり、天下統一後は若いときに食べられなかったものを好んだのかもしれません。一説では、鯛の天ぷらを食べた家康が食中毒を起こして亡くなったといわれています。, この有名な家康の天ぷら死亡説ですが、実は信ぴょう性が低いといわれているのです。その理由として、家康が天ぷらを食べたのは亡くなった元和2年(1616)4月17日の3カ月も前だったことから、食中毒としては時間が掛かりすぎていることが挙げられています。また後述にある、死亡前の身体症状などから考えても、天ぷらによる食中毒が死因とは考えにくいのです。, 家康の死因として、天ぷら死亡説に代わり最も有力視されているのが胃がんです。現代でも恐ろしい病気として挙げられる胃がんですが、なぜこの病気が有力視されているのでしょうか。それには、江戸時代の歴史文書に記された家康の病状が重要な証拠になっています。家康の胃がん死亡説について見ていきましょう。, 江戸幕府が編さんした歴史書として『徳川実記』という書物がよく知られています。この書物は初代家康から10代家治までの各将軍の治績が記述されており、歴史考察などにも利用されている貴重な資料です。この『徳川実記』では死亡前の家康の健康状態が詳しく解説されており、そこから家康の死因が推察できるのです。それによると家康の病状は、どんどん痩せていき、吐血、黒色便がみられ、お腹に手で触って確認できる程の大きいしこりがある、といったものだったそうです。, これらの『徳川実記』に記載されている家康の症状は、胃がん患者に多くみられる症状です。吐血や黒色便は胃がんなどの消化器に起こるがんによって、消化管の中で出血した場合にみられる症状であり、胃のあたりに硬いしこりがあるのは進行した胃がんにみられる病気の状況です。家康に起きたこれらの症状が胃がんと関係していることから、歴史家の間では家康の死因は天ぷらによる食中毒ではなく、胃がんではないかと考えられており、この説が最も有力といわれています。急速に痩せていったことも、がんの影響で十分に養分を吸収できなかったことと関係がありそうです。, 家康の死因として他に挙げられているのが、関ヶ原の戦いで死亡していたという説です。この説には、影武者の存在が欠かせません。豊臣家をはじめ、さまざまな戦国勢力を討ち滅ぼした家康ですので、滅亡した家の血族や家臣から恨まれていても不思議ではなく、影武者を立てていてもおかしくはないですよね。ここからは第3の説である、関ヶ原で死亡説について見ていきましょう。, 関ヶ原の戦いで本物の家康は戦死しており、その後は影武者がこの大役を担っていたとする説で、戦も終わり家康をどうしても生かしておきたい理由がなくなったことから、影武者を毒殺したとされています。, この説が生まれた理由として、一部の戦国武将は影武者を用意していた背景があります。これは忍者などによる暗殺対策や、敵勢力の目をかく乱するためのものです。例えば、その強さを恐れられた武田軍を率いる武田信玄が、弟やよく似た家臣を影武者として複数人揃えていたことなどが知られています。家康も例外ではなく、大坂の陣の際、三男で後の2代将軍・徳川秀忠とともに豊臣家を滅ぼしますが、このときに陣を率いていたのは家康本人ではなく影武者だったのではないかという説が存在しています。第3の説では、この影武者が毒殺されたという話が伝えられているのです。, しかし、現在はこの第3の説は否定されています。影武者が殺されたという説も、入れ替わった時期や入れ替わりを示す証拠などが一切見つかっておらず、歴史的事実として確認できないからです。また、家康が松平元康と名乗っていた三河時代から、影武者と入れ替わったであろうといわれるさまざまなタイミングが指摘されていますが、これらの指摘についても、現代では歴史的考察でそれぞれ否定されています。, 当時では長寿として知られた家康は、健康にとても気を使っていました。三河国に生まれ、今川家での人質という苦しい立場から天下を統一した家康。今川が滅びた後も織田信長や豊臣秀吉の風下に立ち続けた彼は、待つことの重要性を知っており、健康は大切な資源だったのです。その甲斐もあり家康は、慶長年間に豊臣政権を滅ぼし、天下を統一するという日本史上でも大きな偉業を成し遂げました。死因は何であれ、享年75歳は立派に天寿を全うしたといえるでしょう。, <関連記事> 誕生 1543年1月31日(0歳); 徳川家康は松平広忠の長男 (跡取り) として今の愛知県岡崎市にある岡崎城で生まれました。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 江戸幕府の第6代将軍徳川家宣の四男として生まれた徳川家継には、家千代、大五郎、虎吉の三人の兄がいましたが、いずれも誕生から1年前後で早世しています。, 徳川家継が3歳の時に、父家宣が病床に伏したため、家宣は顧問格の新井白石と側用人の間部詮房に、次期将軍に幼少の家継を就かせることに反対である旨を伝えています。, そのうえで、次期将軍には尾張の徳川吉通を迎えて、家継の処遇を吉通に任せる旨の遺言を残しています。, しかしながら、実際に6代将軍徳川家宣が感冒という死因で亡くなると、新井白石は尾張から徳川吉通が将軍になると、諸大名を巻き込んだ騒乱となりかねないと主張して家継を将軍に推し、朝廷から諱を与えられて将軍職に就かせています。, わずか4歳で江戸幕府第7代将軍となった徳川家継の傍らには、間部詮房と新井白石が控え、実際の幕府運営には側近の二人が主導してあたり、家継が追認するといった形態をとっています。, 幼少だった徳川家継の容姿は、凛々しく聡明だったとされ、幼いながらも自分の立場を理解していたのか、時には大人顔負けの振る舞いを見せたといわれています。, とはいえ、現代でも幼稚園児程度の年齢で徳川幕府の将軍となった徳川家継には、父親代わりのような存在の間部詮房が優しくも厳しく接していたと想像され、ぐずった際には「詮房様が参られます」と告げるとおとなしくなった様子が徳川實記などにも記されています。, 幼少の身で将軍となった徳川家継には、7歳の段階で正室候補となる婚約者が決められていたものの、8歳で風邪をこじらせて肺炎という死因によって生涯を閉じたため、正式な婚姻が結ばれることはありませんでした。, 徳川家の将軍の中で、兄たちの早生と父家宣のインフルエンザという死因による急逝によって、わずか4歳で7代将軍に就任した徳川家継は、その生涯を間部詮房と新井白石によって翻弄されながら、8歳という幼さで肺炎によって、呆気なくその生涯を閉じています。, わずか4年ほどの将軍職就任期間で、新井白石から帝王学を学びながら、間部詮房を父親代わりに子供らしい姿も史料に残しつつ、徳川家継の生涯は周囲に翻弄され、儚いものだったといえます。, 約300年にわたる江戸幕府の体制が、幼少の家継を擁立していた数年の間に揺らぐことはなく安定していたのには、それまでの歴代将軍たちの功績が積み重ねられていたともいえます。. 結城秀康とは? 結城秀康は家康の次男でありながら、生涯にわたって徳川の姓を名乗ることはありませんでした。. 可能性の高いものを中心に紹介していきました。. 聖徳太子が生きていた「飛鳥時代」とは?どんな時代だった?【592年から710年までの出来事を年号順でまとめました】, 奈良時代とは?どんな時代だった?【710年から794年までの出来事を年号順でまとめました】, 平安時代とは?どんな時代だった?【794年から1185年までの出来事を年号順でまとめました】, 鎌倉時代とは?どんな時代だった?【1185年から1333年までの出来事を年号順でまとめました】, 室町時代とは?どんな時代だった?【1336年から1573年までの出来事を年号順でまとめました】, 安土桃山時代とは?どんな時代だった?【1573年から1603年までの出来事を年号順でまとめました】, 江戸時代とは?どんな時代だった?【1603年から1868年までの出来事を年号順でまとめました】, 明治時代とは?どんな時代だった?【1868年から1912年までの出来事を年号順でまとめました】, 大正時代とは?どんな時代だった?【1912年から1925年までの出来事を年号順でまとめました】. その晩から腹痛と下痢に襲われ、 2018 All Rights Reserved. 自身の健康に気を使っていた人物です。, 「徳川実記」という徳川家康について 書かれた文献によると、死ぬ前の 徳川家康は三河国の小大名・松平広忠(まつだいらひろただ)の嫡男として天文11年(1543年)に生まれました。 竹千代(徳川家康)6歳の時に今川に人質に出されますが、今川に行く途中に織田方に囚われ、その後2年間、安祥城で織田の人質として暮らします。 人質として2年が過ぎた頃、徳川家康の父・広忠は家臣の謀反で殺害され、今川義元(いまがわよしもと)と織田信秀(おだのぶひで)との捕虜交換協定で徳川家康は今川に取り返されました。

細マッチョ フリー 素材 7, 三浦知良 コロナ 名言 6, 大葉 保存 乾燥 4, エメラルド レックウザ 色違い 41, Ark アベレーション 原油 11, Aquos Bd W550 説明書 8, 6t トラック Cad 18, ベビーカー レインカバー 足が濡れる 5, 体育祭 髪型 ポニーテール 14, What The Matter 答え方 4, 松下由樹 オイシーのが好き オープニング 6, セイコー5 ダイバー ボーイズ 4, 彼氏 不満 伝える 5, バイク ドラレコ Wifi 4, シティーズ:スカイライン Pc 体験 版 5, スコット ショップタオル 島忠 4, ツムツム 毛のはねたツム 500個 9, 阪神 木浪 高校 5, 大阪 バスケットボール 連盟 4, 鍵穴 油 556 9, 若月佑美 ショートヘア ブログ 5, エアコキ サバゲー 使える 13, Chrome 国 設定 4, ディズニー 感動 曲 18, バジル すぐ 枯れる 5, しゃべくり007 動画 9tsu 51,