次にremoveFirstOption()をJavaScriptで実装していきます。 //select要素の取得 2014年より、某物流会社のシステム開発担当として入社。 田島悠介 大石ゆかり   それでは、selectボックスが選択された時にコンソールにせんたくした番号を表示する例を紹介します。 メンター金成さん。   onchangeは選択イベントがおきたときに実行される処理を紐付けるもの(イベントハンドラ)です。これで選択するたびに、選択した番号が表示されます。 また関数を呼び出す際に選択した値を「this.value」にて渡しています Webページを作成する場合には、ユーザーの動作に合わせてoptionを増やしたい機会があるかと思います。その場合は、JavaScriptでoptionタグを作成し選択肢を追加することが可能です。 テキストボックスから値を取得する方法 JavaScriptでセレクトボックスの選択要素を削除する方法について詳しく説明していくね! 実際のコードをもとに解説していきますので、理解を深めていきましょう。 var select = document.getElementById("sampleSelect");   大石ゆかり ... JavaScriptの関数スコープについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。 大石ゆかり select.onchange = () => console.log(select.selectedIndex); element.remove(index); セレクトボックスとは selectedIndexプロパティとは ジャンルのセレクトボックスとと料理のセレクトボックスです 「メニュー」は、コンテンツに合わせて設定可能なスタイルが自動的に表示されるので使いやすいです。, ヘッダー・画像・テキスト・カラム…など、Web製作に必要なコンテンツはドラッグ&ドロップで簡単に追加できます!, 例えば、「画像コンテンツ」をドラッグ&ドロップすると専用のライブラリ上で画像を選択することができます。, さらに、Dropbox・Instagram・Googleドライブなど…多彩なサービスと連携して画像を挿入することも可能。 removeというメソッドにインデックス(選択肢の番号、0から始まる)を渡すことで指定した選択肢を削除できます。 私は彼らが欲しいフォームフィールドに振る舞いを適用することによってこのインスタンスを使っているビューを持っています, この振る舞いは "jquery-ui autocomplete"をフォームフィールドにバインドしてから、オートコンプリートが発生したときにビューのモデルに属性を作成します。その後、ビューはこれらのフィールドに対して必要なことをすべて実行できます。. 「ocument.getElementById(‘month’)」にてHTMLのselectタグを取得しています どういう内容でしょうか? let select = document.getElementById('select');   [PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中実際に書いてみよう そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。   取得したselectの値を参照する(選択した値になっている) なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。   分かりました。ありがとうございます! とはいえ、今の例ではHTMLに静的にoptionタグを書いたのと動作は変わらず動的にするメリットが感じられません。動的にするメリットは、状況によって次の選択肢を変更する場合に効果を発揮します。