SUVブームが過熱しており、猫も杓子もSUVというような状況になっていますが、そろそろ食傷気味な人も出てきているのではないでしょうか。, そんな人におすすめなのは、ずばりステーションワゴンの車高を上げたクロスオーバータイプのステーションワゴンです。, この手の車種で思い浮かぶのはボルボのVシリーズを筆頭に、VWのオールトラックシリーズやアウディのオールロードシリーズ等があげられると思いますが、実際にこの手の車種は、昨今ジワジワと人気が出てきており、SUVの次なるムーブメントとして注目を集めています。, そんな中でもわたしが特に注目しているのは、ボルボV60と、フォルクスワーゲンパサートオールトラックです。, キャラクターの似た2台ですが、実際の乗り心地やユーティリティーはどうなのでしょうか。, 今回はボルボV60クロスカントリーとVWパサート オールトラックの詳細を徹底比較していきたいと思います。, ボルボV60をベースに、車高のかさ上げやオフローダーパーツの装備により、走破性能を向上させたクロスオーバーモデルの車両になります。, ベースがV60ということもあり、日本の道路状況にマッチしたサイズ感なのはとても魅力的です。, VW自慢のフルタイム4輪駆動である4MOTIONにディーゼルエンジンのパワートレインが合わさり、非常に注目の1台となっています。, V60クロスカントリーとパサートオールトラックのサイズは、ほぼ同じサイズ感となっていますが、, 全長で5mm全幅で40mmV60がパサートのサイズを上回っており、全高は30mmパサートがV60より高くなっています。, 見た目はV60クロスカントリーの方が、腰高な印象なので、全高がパサートの方が高いのがちょっと意外でした。, 運転席に乗り込んだときの印象としては、どちらの車も見切りが良く、とても運転しやすい印象です。, 最小回転半径はV60クロスカントリーが5.7mなのに対して、パサートオールトラックは5.4mとなっており、パサートの取り回しがとても優れている事がわかります。, しかもパサートは車幅も日本向けのサイズ感なので、運転のしやすさは圧倒的にパサートかな…と思いきや、V60クロスカントリーもとても運転しやすかったので、この辺の数値はあまり気にしなくて良さそうですね。, V60クロスカントリーはパサートオールトラックよりも130kg重くなっていますが、サイズ感が同じで、しかもガソリンエンジンよりも重いディーゼルエンジンを積んだパサートよりも130kgも重いというのがとても意外で興味深いですね。, V60クロスカントリーのラゲッジスペース容量は2列目を立てた状態で529リッターとなっており、ライバルと比べても優秀です。, パサートオールトラックのラゲッジスペース容量は2列目を立てた状態で、驚異の650リッターとなっており、ステーションワゴンのカテゴリーの中では群を抜いて大容量となっていますので、荷物を多く積みたい人にはパサートがおすすめと言えそうですね。, パワートレインの構成は両車非常にシンプルで、それぞれ1種類しかありません。(2019年6月時点), しかも、V60クロスカントリーはガソリンモデルのみの扱いになっており、逆にパサートオールトラックはディーゼルのみの扱いになっています。, そして面白いのが、ディーゼルを積んだパサートオールトラックよりも、ガソリンエンジンのV60クロスカントリーのほうが、力強いフィーリングだということです。, ただ、燃費性能は圧倒的にパサートに軍配があがりますし、何よりディーゼルは燃料代が安いのが魅力です。, 中国のジーリー・ホールディングフループの莫大な資本が投入された後のボルボは、フォード支配時代の殻を突き破り、目まぐるしい変貌を遂げました。, フロントグリルは縦のルーバーに変更になり、よりクールで気品に満ちた印象になりました。, またボルボのアイデンティティーであるアイアンマークの他に、今回から採用されたトールハンマーヘッドライトが、次世代ボルボの象徴として浮かび上がり、とてもカッコいいですね。, 基本的なデザインはV90クロスカントリーのテイストを踏襲していますが、後発ということもあり、細かいところのデザインが、より洗練された印象を受けます。, また、全体的にV90クロスカントリーに比べて、よりスポーティーなテイストのデザインに仕上がっている感じがしました。, インテリアデザインは、いわゆる「スカンジナビアンデザイン」と呼ばれるシンプルで機能的なつくりになっていますが、新世代ボルボのインテリアは本当にハイセンスです。, ドイツ車のような硬質な感じではなく、全体的にオーガニックな雰囲気に空間がデザインされており、とてもリラックスできます。, 自動車ジャーナリストの岡崎五朗さんが、まるでリッツカールトンの一室にいるような雰囲気と評していたのを思い出します。, 外観は、現世代のVW車の特徴となっている、ヘッドライトと水平基調のグリルが直線で繋がったデザインとなっています。, サイドのキャラクターラインも、リアまで伸びるエッジの効いたプレスが非常に伸びやかで美しく、気品に満ちた雰囲気を演出しています。, また、車高は30mmアップされ、前後バンパーの下部にスキッドプレートが装備されており、サイドシルとホイールアーチにも樹脂パーツが仕様されていますから、本格オフローダーとしての主張もぬかりありません。, この手のクロスオーバーワゴンは、見た目がボテッとした印象になっている車も結構見受けられますが、パサートオールトラックのデザインは、都会的な雰囲気とオフローダーの要素が見事にバランスされている印象です。, インテリアデザインは、シンプルなのに非常に質感の高いVWらしいデザインとなっています。, VW特有の一体感のあるステアリングフィールも健在で、乗り心地に関しては文句の付けようがありません。, VWは、ガソリンモデルとディーゼルモデルの燃費性能の差が少ないという特徴があるので、ガソリンモデルの選択肢があっても良かった気もしますね。, 上記はあくまでもわたしの主観によるレビューになりますので、気になっている人は実際にディーラーへ行って実物を見て、試乗してみてください。, もし今乗っている車を売って買い替える予定!という方にはディーラーに行く前にやっておけるオススメの事前準備があります。, ただ、車種によっては30万円以上差が出てくる可能性があるので、相場額だけでも調べておくといいかもしれませんね。, 愛車が高く売れれば、そのぶんV60クロスカントリーやパサートオールトラックを買いやすくなりますし、贅沢なオプションを付けることもできますからね。, 以前に比べると知名度もかなり上がってきましたが、ユーカーパックとは申込サイトに登録すると、電話連絡や査定対応はユーカーパック1社だけが実施し、それでいて最大5,000社が参加するオークションに愛車を出品できる為、相場の買取価格よりも高値が付きやすいというまったく新しい査定の形となっています。, ◆45秒で愛車の概算価格もすぐにわかる!! もし、オプションのB&Wのプレミアムオーディオシステムつけたらどんな世界が待っているのか???, ちなみに、新型VOLVO V60には、だれでも出来る男になれる機能が付いています!!!, えっ?どういうこと???と思われた方にご説明しますと、例えば、ドライブの帰りなどに奥様が助手席でうたた寝したときなどに、そっとシートを倒してあげるなどの操作を運転席側から出来ます。 自動車教習所の教官だった父の影響で、幼少期から車に囲まれて育ちました。 ただ、全てが高いレベルでバランスされたスキのない出来ですね。それでいて、他の輸入車と比べて装備などを含めたコストパフォマンスが高いといえる1台でした。, 今回、試乗させてもらったのはボルボ・カー目黒さんです。 ©Copyright2020 外車のSUV・スポーツカー他諸々 『会社より外車ブログ』.All Rights Reserved. AWDと横滑り制御は、意外にもド…, これまで15年にわたりアウディを乗り継いできましたが、日本でのアウディの価格高騰とパートタイムAWD化をきっかけに、ボルボに乗り換えました。 アクセルを踏み込むと、エンジン音がやや入ってくるのが気になりました。まあ、嫌な音ではないですが、、、でも欲を言えばもう少しいい音のチューニングをしてくれていればなぁと思ってしまいました。 ただ、すごくトルクを感じる加速というよりは、気がつくとスピードが出ているという感じの加速感ですね。 2019年4月17日発売, V60クロスカントリー 2015年モデル そうすることで、ディーラーでの値引きに加えて下取り価格での交渉が有利になりますから、より良い条件を引き出せる可能性がアップします!!!, ちなみに、今現在オススメできるのは以下のサイト。簡単に高値買取査定をゲットすることができますし、電話などもかかってきません!!!すべてネットで完結できるのが気軽で良いです。, または、いい車に乗りたいけど、維持費が心配なんて方は、今話題の月々定額制の新車リースを検討するのもありなのではないでしょうか?, アラフォー、東京都在住のクルマブロガー。 最終更新日 : 2020/06/22 14:19, クルマなどある程度の利便性が確保できれば、あとは予算が許す限り自分がカッコよいと思う1台を手に入れるのが一番。リセールバリューなどというものに縛られなければ、人にとやかく言われるよりも自分が惚れたクルマの方が結局長続きする。もしくは短い恋でも、熱い時間を過ごせのである。, しかし、それを承知で言わせてもらえれば、今回試乗した「V60 クロスカントリー」は、筆者の経験上、最良のボルボであり、ぜひとも一度ステアリングを握って欲しいと思えるモデルである。これぞ“THE VOLVO”だと私は思う。, そのカギを握るのは、クロスカントリー専用に与えられた「コンフォートシャシー」だった。コンベンショナルなV60は、より敏捷性の高い「ダイナミックシャシー」を基本としているのだが、ここに大径タイヤが加わると、その乗り心地はやや硬めになる。もちろん、この乗り味をしてアジリティを楽しむのは現代的なプレミアムブランドの傾向だが、旧き良きボルボファンにとっては、ベーシックな17インチがお勧めだと筆者は感じていた。, その原因となっているのは、リーフスプリングを機軸としたリア周りのサスペンション剛性だと思う。現代でも珍しいリーフスプリング投入の目的は、これを強化ファイバー製とすることで得られる軽量化と、荷室容量の拡大だろう。トラックなど貨物車製造の長い歴史をもつボルボだけに、ノウハウも多く蓄積されているはずである。, この樹脂製リーフスプリングも、90系の大柄なボディによる荷重、たっぷりとしたサスペンションストロークに対しては乗り心地の良さを示す。しかし、ひとまわり小さな60系では動きが渋いのか、ダイナミックシャシーの組み合わせだと垂直方向の入力に対してやや硬さがあった。, だが、コンフォートシャシーを装備したV60クロスカントリーは、実にゆったりとした“ボルボ・ライド”を得ながら、背反するリニアなハンドリングを示したのである。, 210mmまで高められた最低地上高を実現するために(V60比では+65mm)、V60クロスカントリーには90系のサスペンションパーツが移植されているのだ。スプリング&ダンパーはもちろんのこと、アッパーマウントやアップライトまでもがフロントは90系、リアは専用設計に変更されている。, これは、車高と共に高まった重心を足まわりを硬めずに支えるためだ。アップライトをも変更したのは、ダブルウィッシュボーンサスペンションのアーム作動領域を適正化し、ジオメトリーを狂わせないためである。, その証拠にV60クロスカントリーは、ワインディングでも驚くほどに気持ち良いよい走りを披露した。もちろん、単純なコーナリング性能だけ切り取れば、より車高が低く足まわり剛性の高いダイナミックシャシーがスポーティである。, しかし、V60クロスカントリーには穏やかな反応ながらも操舵に対する正確性があり、ブレーキやアクセルで姿勢を作れるドライバーにとっては、思い通りのボディコントロールが可能となる。, また、路面の凹凸やうねりのほとんどをバネ下だけで吸収し、乗り心地を悪化させる突き上げ感や、路面のザラつきから来るノイズやバイブレーションも感じさせない。装着タイヤであるコンチネンタル プレミアムコンタクトを、きっちり使いこなしている。, 最も嬉しいのは、クロスカントリー仕立てでは起こりがちなロールの不自然さを、まったく(と言ってよいと思う)感じさせないことだった。高められた車高ゆえロールは抑えたいが、硬めすぎれば乗り心地が悪化するだけでなく、自然なステア特性までもが失われる。そうした造り手のジレンマが感じないのである。, ボルボは電動化を見据え、パワーユニットを4気筒のみに絞っている。ゆえに大柄ボディでフロント荷重が少ないボディバランスをものにするまで、もう少し時間がかかると思っていた。しかし、V60クロスカントリーは、これを見事にバランスすることができていた。, 2リッターの直列4気筒ターボ(254ps/350Nm)は、デフォルトがコンフォートモードだけに普段のしつけは大人しいが、ダイナミックモードに入れることで気持ち良く吹け上がる。出力自体は1800kgを超える車重に対して圧倒的ではないが、6500rpmまできっちり回しきれるエンジン特性を8速の細かいギア比で使い切れば、加速に不満は感じない。, ボルボは可変ダンパーを用意しないのが物足りない部分だったが、ことV60クロスカントリーに関してはロードホールディングがばっちり確保されているため、電動パワステの抵抗値が上がることで十分操作の正確性は確保できた。, また、第5世代となったハルデックスカップリングも自然で、オンロードでは課題なアンダーステアを感じない。さらに「ポールスター・パフォーマンス・ソフトウェア」をインストールすると、ダイナミックモード(もしくはESCオフモード)ではリアタイヤにより多くのトルクを配分してくれるのだという。, これでトランスミッションにDCTのようなメリハリ感があれば完璧だが、これも敢えての処置だと思われる。ボルボ的にはトルコンATの滑りを有効活用し、雪上やぬかるみなどでトルク変動に穏やかさを与えている。生活圏に大自然が当たり前に寄り添う彼らのなかでは、いたずらな刺激より安全が大切なのだと思う。, ちなみに、このクロスカントリーには通常モードに加え「オフロードモード」が加わった。これは20km/h以下の領域でデフロックを可能とし、アクセルを踏み込むことで滑りやすい路面でもトラクションを確保できるという内容になる。, 今回はオンロードのみでの試乗となったが、このたおやかな乗り味とロードクリアランスの高さから、このV60クロスカントリーは“ベスト・ボルボ”だと個人的には感じる。世界的にはSUVであるXC系が人気だが、本国ではいまだにエステートの価格を含めた利便性が主流であることを考えても、これが最もボルボらしいボルボだ。, その上でドリフトウッドを用いたインパネや、シンプルながらも機能的で上質なレザーを用いたシート、光を多く取り入れるグラスルーフといったスカンジナビアンデザインを楽しめば、ドイツ勢とはまた違う優しいプレミアム感が味わえるだろう。, 今回試乗したのは上級仕様の「Pro」だが、これで649万円という価格はかなりのバリューではないだろうか。, クラシック・ミニをEVにチェンジ。英国のレーシングサプライヤーがEVコンバージョンキットを発売, ポルシェのSUV一気乗り! カイエンとマカン、それぞれの立ち位置を検証する 【Playback GENROQ 2017】, AMGがニュルでポルシェ越えを達成! AMG GT 63 Sが部門最速の称号を獲得【動画】, 世界で唯一のロードコースが千葉に誕生。コーンズがアジア初の会員制ドライビングクラブを2022年に開業【動画】, TOYO TIRES、ニュル24時間レースに向けて始動! 10年ぶりに挑戦する狙いとは【動画レポート】【PR】, BMW 2シリーズ グランクーペとメルセデス・ベンツCLAを国内最速比較! 渡辺慎太郎が吟味する, ヴァンテージの7速MTに試乗! 最新アストンマーティンを島下泰久がマニュアルで操る【動画レポート】, ルノー メガーヌ R.S. クロスオーバータイプのステーションワゴンで特にカッコいい2台!ボルボv60クロスカントリー、vwパサートオールトラックを徹底比較! 今世代のVOLVO車はXC40を除き、ほとんどが以下のようなエンジンスタートのボタン(正確にはボタンでなくダイヤルですが、、、)になっています。, このクルマもブレーキホールドは標準装備なので、ついでにブレーキオートホールドボタンも押しておきます。ただ、XC40はシフトが電子式になっていたともうのですが、新型V60では電子式ではないのでブレーキを踏みながらシフトをDに合わせます。, サイドブレーキは見ての通り電子パーキングになっているので、そのままアクセルを踏めばサイドブレーキが解除されて走り出しますよ! 営業マンの了解を得て、アクセルを強めに踏み込んでみます!!!, という感じの、乾いた音で加速していきます。メカニカルな音ですかね、普段のアウディA4なんかより乾いた音。アウディはもう少し低めの音ですからね。, やはり車重があるのも大きいのでしょうか?数字で見るスペックほどの加速力は感じませんでしたし、アクセルのダイレクト感ももう少しほしいところ。 2015年10月6日発売〜2019年2月販売終了, 車名のクロスカントリーに恥じないかどうか、ドライブがてら試しに雪遊びして来ました。。 休みの日はあてもなくドライブ。カッコいい車を見つけたら即情報共有。 そういう意味で言えば、クルマだけでなくとも、良いもの(※必ずしも高級品等いうことではなく)を一度は所持してみることは、大いに意義のあることだと思います。, 今より少しだけいい車を買うなら、できる限り良い条件をディーラーから引き出すのが所有への近道です!, ポイントは決して売るわけでなく、買取り見積書を持ってディーラーへ行くこと!!! ◆有名業者から、地域密着の業者まで207社の買取り業者が参加!日本最大級規模!, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, \YouTubeチャンネル開設しました/ しかし、v60クロスカントリーは、これを見事にバランスすることができていた。 2リッターの直列4気筒ターボ(254ps/350Nm)は、デフォルトがコンフォートモードだけに普段のしつけは大人しいが、ダイナミックモードに入れることで気持ち良く吹け上がる。 ◆最大10社からあなたの愛車の一番高い買取り価格がまるわかり!, ◆電話も査定も1社だけなので煩わしくない! いいんじゃないですかね、安心感のある運転をしてくれます。ストップも自然ですし、不安な運転はしません。なんかVOLVOってだけで安心感が2割増しな感じがしてしまいます。, ストップ&ゴーもついているので、前車が停まれば自車も停まります。そこから3秒以内なら自動で進んでくれます。これ、渋滞時はめっちゃ重宝するんですよね。 さて、v60です。一番気になるところは、自転車が室内に積めるかどうかということだと思います(謎)。結論から言うと、かなりきついです。トランクはこんな感じで、同セグメントワゴンの中では、ダントツに狭いです。下手すると、一つ下のセグメントの荷室に負けます。 ◆最大5,000社以上の公開入札で相場より高く売れる, ◆下取りよりも平均で16万円も高く売れた! 無断転載禁止, ボルボ純正のガラスコーティング『インテリボディー・ホイールコーティング』を別途承っております。安心の専任スタッフによる施工で、愛車を長くキレイにお乗り頂…, ボルボが世界に誇る安全支援機能【インテリセーフ】は10種類以上の機能を内蔵、衝突軽減ブレーキは全車速対応ACC、ブラインドスポットなど様々な機能で目的地まで安全に、快適なドライブをサポートします。, 2020年1月登録のボルボV60CCT5 AWDです。ボディーカラーはメープルブラウンメタリックで、シートはアンバーです。16種類以上の先進安全運転支援技術を備えた、ボルボの最新鋭の車です。, 新車5年保証付 パイロットアシスト付きACC 禁煙お買い得な社内使用車両!お気軽にお問い合わせ下さい!, 2020年モデル、V60 Cross Country T5 AWD販売開始!社内使用、内外装ともに遠保の方でもご安心いただける状態!アンバーレザーや、先進の…, 20年モデル『V60 CC T5 AWD』が入荷!希少なパールホワイト×ブロンド!レザー 電動テールゲート&360度カメラ, セレクト東名横浜グランドオープンを記念してグループ合同記念フェア開催!グループ総在庫300台!リテール事業部6店舗「ボルボ・セレクト東名…, スカンジナビアンデザインのフロントビューには、大型フロントグリルとアイアンマークでさり気ないお洒落を演出しております!, VOLVOの洗練されたボディは乗る人だけでなく、周りの人の事も、考えられています。, 新型クロスカントリーの当店デモカーが入庫です!レザーシートやプレミアムサウンドシステム搭載のT5 AWD PROです!, スタイリッシュなV60に確かな走破性をプラスしたクロスカントリー SUVモデルと同等まで高められた最低地上高と、電子制御AWDシステムが魅力…, 令和2年、2020年モデルの最新モデル入荷!!認定・純正ナビ/リアビュー・プレミアムオーディオ・電動リアゲート, 令和2年式V60クロス T5 プロがご入庫致しました。外装は人気のオニキスブラック、内装は高級感のある茶革シートでございます。プレミアムオーディオや…, ボディコーティング施工でタイヤパンク保証プレゼント!詳細はスタッフまでお問い合わせください。, 屋内型ショールームに常時20台以上展示中! 詳細はコチラ http://vctomeikawasaki.accel…, ボルボ・カー名駅北にて展示中!株式会社インターヨーロッパは愛知三重京都に9店舗ボルボ正規ディーラーです, VOLVO SELEKT ご成約プレゼント「SELEKT2.9%クレジットでご購入の方にSELEKT1年延長保証プレゼント」12月末まで 期間中のSELEK…, 2020年式 V60 T5 クロスカントリー 外装色 メープルブラウンメタリック 内装色 アンバー ファインナッパレザー, 2019年4月登録のボルボV60CCT5 AWD Proです。ボディーカラーはオニキスブラックMで、シートはアンバーです。16種類以上の先進安全運転支援技術を備えた、ボルボの最新鋭の車です。, 2020年モデル V60クロスカントリー T5AWDレザーパッケージ ドラレコ キーレス シートヒーター パワーテールゲート, セレクト東名横浜グランドオープンを記念してグループ合同記念フェア開催!グループ総在庫300台!リテール事業部6店舗「ボルボ・セレクト東…, 弊社試乗車!V60のクロスオーバーワゴンが入庫!・茶革・MY19・禁煙・バックカメラ・AWD・LED・純正18AW, 弊社試乗車で使用していたV60CC T5が入庫致しました!人気色のパイングレーメタリックとアンバーの組み合わせ!ステーションワゴンながら四輪駆動…, CrossCountry専用フロントグリル、LEDヘッドライト(アクティブベンディング機能付)ヘッドライトウォッシャー、ウォッシャー一体型フロント/リア・ワイパー, インテグレーテッド・ルーフレール(シルバーカラー) CrossCountry専用サイドウインドー…, 2019年モデル『V60CC T5 AWD プロ』電動パノラマガラスサンルーフ装備の希少な一台です。, セレクト東名横浜グランドオープンを記念してグループ合同記念フェア開催!グループ総在庫300台!リテール事業部6店舗「ボルボ・セレクト東名横浜/尾山台・ボルボカ…, ボルボV60 クロスカントリーD4クラシック 4WD2018年モデル 純正ナビ バックカメラ フルセグTV 革シート, 数あるお車の中から、当社物件をご覧いただき有り難うございます。在庫、見積もり、お問い合わせは0120−419−419までお電話下さい。, ※新車カタログと関連付け可能なグレードに、マイナーチェンジを含む同一グレード内の最新スペックを表示しています。, ※ 中古車をご購入の前には、状態・装備・保証・支払総額など詳細な情報を必ず販売店にご確認ください。. 買いだと思います!!!しかも決して高くはない!!! 全車速対応で、パイロットアシストといわれる、いわゆるレーンキープも同時に使えます。, これも使ってみましたよ!

Switch マイクラ Mod 入れ方 4, 新幹線 運転士 勤務 7, ヴェゼル 給油口 開け方 5, ドラクエ 3ds Rom 12, スズキ ハーマンナビ 廃止 16, Tabio マスク 口コミ 22, Spotify シャッフルおじさん 声 23, 昔の人 名前 二つ 5, 老健 歯科 他科受診 4, サンムーン 四天王 2回目 8, 一次方程式 文章題 人数 14, Ff14 デルタ 編 実装 日 6, 鏡 転倒防止 方法 18, ガソリン代 勘定科目 燃料費 7, Rails Params Nil 11, アスピレーター 自作 塩ビ 16, ライブ 掛け声 バンド 9, ローソン 傘 2019 13, 保護フィルム 気泡 消える 仕組み 4, アンプリチュード コンシーラー 色 7, アイマス カバー アニソン 4, Sql テーブル名 取得 11, スイッチ バイオハザード 無料 4, Pubgモバイル 復帰 招待 5, 糸島 サーフィン 死亡 26, Anker Soundcore 2 Bose 比較 5, Chromium 動画再生 できない 6, ジレンマ ロンダ 年齢 4, 尿管ステント 慣れる まで 15, Bmw コーディング トラブル 6, プロクリエイト 塗りつぶし 隙間 4, ポケモンgo アカウント 削除 完了メール 35, 成蹊大学 人気 上昇 11, Bios 初期化 Asrock 4, スタディサプリ 学校 料金 4, Mediapad M5 カスタムrom 11,